頼むから自由にしてくれないか?

創作、ブンゲイファイトクラブ、六枚道場について綴る文芸にんげん。あとたまにラーメンと仮想通貨。ラーメンライター。

【仕事終わり】味噌麺処「花道」味噌ラーメン+チンピラネギ+チンピラ卵+豚ご飯+野菜中盛+セルフニンニク@野方【食べ歩き】

f:id:aruemeria1048:20200212072224j:plain

ここ、
ここ、
ここはとこ?

西武新宿線野方駅

なぜ?
なぜ?
のがたえき?

「花道」を食いに来たんじゃー。

この日は月曜日、祝日前という最高のよる。
朝から「あっ、俺は今日花道食べるな。食べなきゃいけないな」と感じていた。それを現実にする男。言わば俺は夢叶えマン。サラリーマンじゃない。

野方駅はラーメン豊富で素晴らしい。そう思わない?
野方ホープホープ軒もあるし、無極もある。いい感じの家系や鶏白湯もある。なかなかラーメン好きにはたまらんよね。

その中でも特に好きなのは上述した「無極」と「花道」。花道はかつて世界で一番うまい味噌ラーメンだなと感じたのです。

味噌麺処「花道」味噌ラーメン+チンピラネギ+チンピラ卵+豚ご飯+野菜中盛+セルフニンニク

f:id:aruemeria1048:20200212072756j:plain

豚ご飯ぬ
f:id:aruemeria1048:20200212072712j:plain

これこれ。
しごとなんてさっさと終わらせてラーメン食うに限るのさ。それが俺のライフワーク。いわばいきかた。

スープが唯一無二なんよ。

味噌ラーメンは良くも悪くも味噌味になりがち。つまり差が出ない。差を出すのがむずい。でも花道はそこら辺うまくやってる。ていうかうまい。濃厚で味わい深い。

もやし。
かつて花道のもやし食った時はびっくりした。
「大地」の味がした…。
つまり土の味。
これは好き嫌いあると思う。でも俺はめっちゃすこ。しゃっきりしゃっきりがすごいしゃっきりだし、これが本当のもやしですよ、という気分になる。

チンピラ二種。

見た目ほど辛くないよ。
でも身体がほっかほかになる。ご飯必須よ?

豚ご飯。
さいこう。豚ご飯の最高峰は一指禅系列だと思っているけど、ここもかなり良い。味が塩醤油辛醤油から選べるのが良い。ご飯もたっぷり。
crazy-lucky-1048.hatenablog.com

はムッ!破風はフッ!
はぐはぐっ!

かっこんじゃうねぇー。食らう。飯を食らう。これだな、すべてを忘れられる。涅槃飯。

またいきたい。メニューが増えてたし。
油そば、あえそば、まぜそば、つけめん、海老味噌、限定などなど。
汁無し系を三つ分けてるのは面白い。そういうの良いと思います。せっかく、言葉があるんだからね。

ほんとうにうまい味噌ラーメンを見つけるのは難しい。そういう意味で花道はがんばってる。えらいです。ありがとうございます。

【萩尾望都】読みたいけど読んでないから読んだ体でレビューする【空想的レビュー】

以前誰かが「ハギワラさんの作品は萩尾望都さんを思い出す」的なことを言ってくれて、そこからずっと気になっていた。

crazy-lucky-1048.hatenablog.com
crazy-lucky-1048.hatenablog.com


読んでみたいけど→
まだ読んでない↓
なら読んだことにしよう↑

ということで代表作を空想的レビューする。もちろん読んでない。あらすじはちょっとだけ目に入ったけど。レビューっていうか感想というかそんな感じ。

バルバラ異界

 無邪気な子供を演じていたバーバラが、蒸気人間のトーマと鉢合わせするために、火星に行くところで泣いた。彼女は自分の理想を追えず、周りの人間のために「無邪気な子供」という役割を与えられていた。ある日、火星移住の募集張り紙を見つけたバーバラがどうしようかその前で佇んでいると、蒸気人間のトーマが「悩んでいるなら、さまよえば?貴方の蒸気が届きますように」と言う。彼はそのまま蒸気になって去る。火星って言葉があるなら、追えばいいんだ、という言葉を残して。(ここのコマ割りが最高)
 バーバラは戦慄した。蒸気人間なんて、人間の最たる底辺じゃない…、でも、彼女は家に帰ってポトフを食べながらよく考える。蒸気にしかなれなかった人間の男の子もいるんだ…。結局バーバラは火星に行かなかった。作品内に散りばめられる、バーバラとトーマのきらきらしたやり取りが突き刺さる。

トーマの心臓

 重度の睡眠障害を持つトーマスは街一番の医者「ネルスピーコフ」に診てもらう。ネルスピーコフの行った治療は最先端の「心臓帰郷夢想」という催眠療法だった。(ネルスピーコフの人相がやばすぎて笑えた)
 その治療法は単純かつ驚くべきもので、「心臓にある郷愁を夢の世界で呼び起こし、ぐっすりお眠りしてもらう」というもの。(ここちょっとわかりづらい)
「ふるさとはあるかい?」
「ありますよ。この街です」
「なるほど、それなら心臓に直接訊いても良さそうだね」
「?」
 ネルスピーコフの診療所が、終始夢想の中みたいにぼんやりしているのがやばい。
 トーマスは夢想の中で蒸気人間となり、やすらかな生活を送る。その安らかな記憶を心臓に還して、現実にも穏やかさを染み出させようというネルスピーコフの医療は、トーマスにがっちりとはまった。彼の寝顔は穏やかで、何にもとらわれていない。ネルスピーコフは眠る彼の隣で微笑みメスを取り出す…。というところで終わる。(ここで終わりなの!?続きは?続きは!?と思わず机をバンバンしてしまった)

トーマの心臓 (1) (小学館文庫)

トーマの心臓 (1) (小学館文庫)

【総評】

 萩尾作品もっと読みたし。
 

【カップ麺】東京3SO ニボシ3SO(みそ)ラーメン【実食レポ】

仕事いきたくねえなあ、って時に限って具合が悪くなってくれる体。ありがとう。空気読んでる。

早く帰ってきて食べたこのカップ麺。
煮干し味噌って中々無いし、難しいと思うので期待した。

f:id:aruemeria1048:20200130214752j:plain

最初に言っておく。
あんま美味しくなかった。

後半よくなったけどね。

f:id:aruemeria1048:20200130215013j:plain

このお店は行ったことないなあ。

3SO
〒194-0037 東京都町田市木曽西4-1-31 第一新栄荘101
800円(平均)
町田は遠い。けど、かの地は激戦区として名を馳せているので行ってみたいとは思ってる。

f:id:aruemeria1048:20200130215124j:plain

まずスープ飲んで思ったのは、
「……うすっ」そして「なまぐさっ」
という感想。

ファーストインパクトで、味噌感は正直無かった。そして塩味も無い。ニボシの生臭さが非常に目立ち、ため息をついてしまった。

これは…苦行。

やはり、にぼ乃詩は神だなと改めて痛感。
これは魚味のお湯だ。そして、3SOさんというより、メーカーのサンヨーがわるいんじゃないかな。

ただ、後半は味がよくなっていった。
たぶん底になけなしの味噌が沈んでたんだろう。ようやく食べられるようになった。
でも、かなり混ぜたよ?
そこまでしなきゃいけないのって、どうなんだろうか。

麺のクオリティは悪くなかった。あと、かやくのキャベツが厚切りだったのが嬉しい。

重ねて言うけど、ニボシ味噌って感じはなかったなー。残念。

みんな、煮干がたべたいならにぼ乃詩にいくんだぞ。

crazy-lucky-1048.hatenablog.com

未経験派遣エンジニアが即効辞めた辛い現場『ワースト3』その一

備忘録兼、後進のためになったらなと思って書くことにする。全三回予定。それではちぇけら。

【第三位】ストレージエンジニア(導入支援)

 いきなりハードだなぁ…。
 この仕事は二回目の転職で最初にアサインされた現場で、僕が「フィールドエンジニアにはなるまい」としばらく深い絶望感を味わったところだ。

辛かったポイント①

マニュアルが全部英語

 なんで英語なの怒
 この仕事は要はストレージ(データを貯める機械)を客先に取り付けに行くのだが、取り付け方法や手順などが、全て英語でマニュアル化されており、正直意味がわからなかった。調べても調べてもわからんし、企業向けのストレージはめちゃくちゃ高いので(数千万円)プレッシャーが半端ない。

ポイント②

仕事教えてくれる人が老害

なんでそんなヤバい人がメンターなの怒

仕事を教えて頂くにあたり、ベテラン社員に教えてもらうことになったのだが、この人は社内で嫌な人で有名だったらしい。とにかく怒鳴る。何かにつけて怒鳴る。不明点を訊いたら「よく考えろ!」か「自分で考えなよ(嫌みたっぷり)」と言われ、まともに教えてもらえなかった。俺はすっかり萎縮してしまい、負のスパイラルに陥った。

ポイント③

作業時間が長く、肉体的に厳しい姿勢が続く

早く終わるときもあるんだけど、基本的に現場に出たら十時間はかかりきりで、終電までやっても終わらないなんてことざらだった。あと、取り付け場所がデータセンター(大量の機械を置くところ)だと、椅子や机が無いことが多く、地べたに座るしかなかった。寒く窮屈な場所で、客からの冷徹な視線とプレッシャーを何時間浴びながらやる作業は筆舌尽くしがたく、ほどなくして俺はぎっくり腰とヘルニアを併発した。

よかったところ

でもよかったところもあった。
そのメンターのおじさん以外は気さくな人が多く、人外のように仕事ができる人がたくさんいた。マネージャークラスはほんとにかっこよくサバサバした人達で、とても影響を受けた。

総評
もう行きたくないが、お世話になった人達には挨拶したい。

文系未経験エンジニアが「LPIC level1」を一ヶ月で取得した方法

 未経験エンジニア、特に文系諸君は掲題ワードをよく検索するんじゃなかろうか。
 安心せよ、僕もだ。
 僕自身、そういうサイトにお世話になったので、取得方法を記しておこうと思う。


 といってもホントに簡単。

 小豆本、スピードマスター、ping-tをやりこめ。

 これだけ。
 
 ただ、大事なのはその時間が捻出できないこと。それが大変なんだよな?わかる俺もそうだった。
 じゃあどうやってその時間を捻出するか。

 僕は会社の待機期間中にやった。
 SES派遣エンジニアなんかは待機期間があると思う。とにかく会社でやれ。資格取得を業務として処理するんだ。
 
 もし今、エンジニアになろうとしている人がいるなら、最初に資格取得をやってくれるところを選びな。ITパスポートなんかどうでもいい。CCNAかLPICorLinucを取らせてくれるところを選ぶんだ。いざ働き始めるとなかなか時間がとれない。だから、会社が業務として資格取得してくれるところを選んだ方がいい。

 まとめると、教材は小豆本、スピードマスター、ping-t。
 やり方としては参考書読まなくていいからとにかくping-tの問題を解きまくる。もちろん分からないだろうから、そのつど小豆本とスピマスで確認する。ping-tは外れ選択肢も理解することが重要だ。

 頑張ってくれ。とにかく会社で勉強出来るように立ち回るんだ。

純文学好き。なろう小説も好き。

 柚葉さんのブログもといツイートが面白かったので似た話題で書こうとしたら、なんかなろう小説も絡んできた。


純文学が好き?

 柚葉さんのいうとーり、純文学(現代文学)はわけわかんねえな?
 改行もないし、何言ってるかわからんし、後から解説見て「そういうことだったのか!」と得心する手間が煩わしい。煩わしい大学主席卒業だ。解説見たらそれで満足しちゃうし。
 僕の場合は古今東西の純文学が圧倒的にキャパオーバーだ。世の中の純文学は常に僕の想像を超えつつ、考えれば理解できるから、「なんで最初に理解できなかったんだろう」という思いも強い。

 でも。
 でも、僕は純文学現代文学が好き。

 それは僕が書く側としての意識が強いからかも。

 ここからちょっと抽象的な話かも
 
 だってほら、小説って自由だから。そして解放に忠実だから。自分のペースで、ゆっくり何でも表現できる。倫理もタブーも無い。無いという思い込みを解放してもいいし、しなくてもいい。
 僕たちは「解放しているのか、それとも解放されているのか」考えられる自由がある。少なくとも会社でドキュメント修正してるより楽しい。
 僕は純文学書いてると「俺存在してるなぁーっ」と思えるのだ。すると「なんで存在してるのだァー?」とどんどん考えて、いつの間にかすんごい冒険してる心地になる。

 冒険、自由、解放。
 僕が心から望んでいるものだ。
 それらは時代によって形を変える。そして、書き方も変わる。
 

なろう小説も好き?

 で、なろう小説がなんで好きかっていうと。
 人の自然な部分がとてもよく見えるからだ。

 突然なのだが、僕は動物の補食シーンが好きだ。なんでかってーと、自然だからだ。動物は食べるときに、最も、うつくしくなる。食うために生きてるからだ。生きてる体は美しい。その瞬間にあらゆる機能美が牙を剥く。それを見てるとね、安心するんだなーっ。あっ、そうだよね。自然でいいんだよね…って。

 ほら、我々という生き物はなかなか自然になれぬ。
 しがらみとか?建前とか?イーアルファンキーウーロン茶とか?むつかしい。

FUNKYウーロン茶

FUNKYウーロン茶

 不自然よな?
 だから僕は体を目一杯使った動物の自然を愛するし、人間の見下げ果てた欲望が牙を向く小説を愛してしまう。

 自然だからなぁ。

 なろう小説はほとんどが、腐ったマスカットの煮凝りのようなテーマが詰まってる。ここにはちょっと書けないね。
 そして、それをこよなく愛する人がいる。
 僕はそんな欲望の煮凝りを読んで、自分の穢い欲望に触れると、「よかった…自然だ…」と思ってしまう。う○こ眺めて、安心しないか?しないか。
 

つまり?

 つまり、僕は小説において、どんな形であれ自由で解放的なものが好きだということ。そいつらは居場所と可能性と、あらゆる余地を与えてくれる。だから僕は好きだ。

「豚ラ王」実食レポ

f:id:aruemeria1048:20200129071717j:plain

 誰に言われるでも無く食べてみた。

 恥も外聞も無く二郎にすり寄る大手企業。すり寄るってのは表現がよくないか? まあ二郎も確か「勝手にやってくれ」ってスタンスなんだよね。それないいか。

 具はちょっと厚めのチャーシューとちょっと多めのフリーズドライ野菜。もやしとかはない。背脂が入ってた。なのでいろいろ具を足したら別物に…。

 f:id:aruemeria1048:20200129072056j:plain

 足したのはもやし、鰹節、青バラ海苔、ベーコン。
 すまん、具の力が強すぎる。うまい。
 でも本体自体も悪くない。麺がさすがラ王って感じ。太くて啜りごたえがある。カップ麺にしたらかなりの太麺。これを味わうために買うのはあり。
 スープは二郎風味のとんこつ醤油。ぼんやりと方向性は伝わった。雰囲気なら味わえるので、自前トッピング推奨な感じ。

日清 豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク 139g ×12個

日清 豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク 139g ×12個

  • 発売日: 2020/01/08
  • メディア: 食品&飲料

 トッピングは川越老舗乾物屋「轟屋」の枕崎産鰹節を使用。二郎系に魚粉トッピングは合うのだが、今回はかなりはまった。味わい深さがダンチ。青バラ海苔と相まって幸せな海の香りと化学調味料のハーモニー。

ヤマキ 業務用花かつお 500g A

ヤマキ 業務用花かつお 500g A

  • メディア: 食品&飲料

 総じて悪くなかった。刻みニンニクを入れたらさらに雰囲気出たかもしれない。200円そこらなら試しても悪くないかも。