頼むから自由にしてくれないか?

集中力の無いはぎしんが注意散漫に書き綴るブログ。

異世界住人短編集

狩りが終わり、獲物を持ってギルドで精算しに行く。
この時期のヤマミヤガシの肉は少し高く売れる。冬に向けて餌を溜め込み始めるからだ。

アーシュの街にギルドはある。大体街の中心辺り。回りには冒険者用のお店が立ち並んでる。武器屋、防具屋、薬屋、酒場。おおよそ冒険者に必要なものは、必要そうな店は何でもある。この街はお店出すのにあまりお金がかからない。その代わり繁盛し始めたら税を納めてね、というスタンスだ。初期投資を気にしなくていいというのは魅力的で日夜お店が栄枯盛衰を迎えている。

冒険者ギルドは公的な機関だ。建物は立派で、職員も身なりがきっちりしている。そのため素性に難がある人間は近付きづらい。後ろぐらい過去をもつ人間は掃除人(スイーパー)ギルドなるものに集まるらしい僕はまっとうな冒険者だからよく分からないけど。

ギルドのしっかりした扉を開ける。
「ヤマミヤガシ肉の輸送受け持っちゃくれないか?」
「ヒーラー誰かいませんか!急募です!」
「レンバルシア山脈の霊水採取、誰か一緒に行ってけくれねえかな?」
「魔力増幅装置の設置、今なら未経験でも歓迎です!」
「ドラゴン退治!ドラゴン退治だ!冒険者の華だよ!」
「ラルメア祭の警備任務があります。30人募集です」
リザードマンの村で魚の養殖手伝えるやつおらんかー」

賑やかな喧騒が僕の側を駆け抜けて行く。様々な人種、種族がごったにギルド内を走り回ったり、大声を上げている。まさに可能性と多様性のるつぼ、サラダボウルとはこのことだ。
扉がばたんと音をたてる。一瞬僕に人目が集まるがそれも一瞬。喧騒は元に戻って行く。思わず苦笑いをしてしまう。僕は自分の首からぶら下がる等級プレートを見やる。色は大白(ビッグホワイト)。下から数えた方が早い。これがディープブルーは無理にしろ、ライトレッドくらいになると喧騒が止まり、人々の囁き声が始まるのだ。本当の冒険者(トゥルー)のおでましだ、と。

「そんな風に言われてみたいもんだ」
「クローシュさんは頑張ってますよ?」
僕はヤマミヤガシの肉をどんと精算カウンターにおき、ひとりごちる。人並みに名声に対する欲もあるが、この職業は欲深いやつから死んでいく。無理はできない。
「大黄(ビッグホワイト)までが偽物の冒険者(フォルス)だなんて酷いと思わないか?」
「そのフォルスというかビッグホワイトになれる人が3割もいないんですけどねー」

フォルスっていう言い方が浸透しすぎてるんですよねー、と受付嬢は言う。僕は大体この人に受付してもらっている。真面目でこういう他愛もない話にも付き合ってくれる。あと少し好みだ。アッシュブロンドの髪と垂れ目。いつも笑っていて、へらへらしていると陰口叩かれているらしいけどそれはナンセンスだ。彼女の首下から耳には、跨ぐようにタトゥーがある。炎の形を取っている。普段は髪で隠れて見えないが、髪をかけあげた時などに見えることがある。彼女もそれを隠そうとしていない。聞こうと思っているが、まだ聞けていない。そんかおっとりした性格とのギャップがいいのだ。名前知らないけど。

「そんなもんかな」
「そうですよー。ビッグホワイトさんたちの総数が街の質を左右している、っていうデータもあるんですよ? 資料持ってきましょうか?」

遠慮しておくよ、と僕は断るが内心彼女の優しさに染み入っている。こうして慰めの言葉もかけてくれる。荒んだ冒険者稼業のささやかな癒しだ。

僕の冒険者としての等級は下から数えた方が早い。一番下はリトルブラック。一番上は事実上ディープブルー。一応そのさらに上にディープパープルがある。でもそれは伝説上のもので、存在はしない。形式的にあるだけで、これくらいまで頑張っていう象徴だ。一般的にビッグイエロウまでのフォルス組はビッグとリトル、それ以上レッドから上のトゥルー組はディープとライトで呼称されている。
そして僕はフォルス脱出の二歩手前のビッグホワイトだ。下から数えた方が早い。といっても侮られたりはしない。受付嬢が言っていた通り、冒険者はすぐ死ぬ。ビッグホワイトになるのだって一苦労だからだ。ビッグホワイトにもなれば、小さな街なら食うに困らず、村なら英雄だ。もちろん油断はできないが。ここまで来るのにだいぶ時間がかかってしまったが、それなりに満足している。向上心はあるが、もうこれくらいでいいかな、とは思ってしまっている。

「それじゃ査定結果です、クローシュさん」
にこり、と受付嬢は微笑む。僕は心に一陣の爽やかな風を感じながら報酬と査定を受けとる。ヤマミヤガシ狩猟クエストはそこそこ割りのいい仕事だ。期間限定というのもある。下位の冒険者はこういう仕事には目もくれず、オークやらオーガやらガブラン討伐クエストに猛進して消えて行く。まあ僕も重要性に気付いたのは手痛い失敗をした後だが。

報酬は銅貨にして5枚。これだと商売あがったりだ。冒険者の1日の経費は銅貨7枚と言われている。食事、武器防具の手入れ、宿代などを会わせてこれだ。だからこのクエストは赤字確定なのだ。こんなものは下位冒険者は絶対に受けない。彼らは1日の損失をマイナスにしていくことが怖いのだ。それは当たり前の感覚なのだが。しかしこのクエストの妙味は査定にある。

ヤマミヤガシの肉は旬以外でもそこそこだが、しを迎えると途端に美味しくなる。価値が上がるのだ。旬のヤマミヤガシは気性が荒い上に、見付けづらい。しかし、その肉は査定すると少なくとも銀貨2枚にはなる。そして僕の今回の査定額は…。

「銀貨5枚ですねー。お疲れ様です」
「ありがとう」

じゃらり、と手渡される銀貨をうらめしげにフォルスの連中が見る。中でもブラックの奴等なんかは目が点になっている。そりゃそうだ。銀貨5枚なんて、討伐クエストをこなさないと稼げない。でも世の中にはこういうことがある。

知っていることと知らないこと。その差は大きく、残酷だ。新人(ニュービー)たちには頑張ってほしい。

「いつも手早く査定してくれてありがとうね」
「いえいえ。クローシュさんは需要をよく分かってらっしゃいますし、ギルドとこの街にとって有益ですー。このくらい問題ありません」
「嬉しいなあ。受付嬢さんも、僕たちにとってとても有益な人物だよ」と僕は本心から言う。

「あっ、レンシャルです」
「あっ、となんだって?」
「名前です。私の」

レンシャルと名乗った彼女は一番可愛く見えた。かけあげた髪から炎のタトゥーがくっきりと見える。

「そうか。教えてくれてありがとう」
「いえいえ、今度ご用のときはレンシャルに用だって言って下さいー」

僕は心の中で、何度も喜びを噛み締めた。
受付嬢はあまり名前を教えてくれないのだ。粗雑な冒険者が不当に評価されたなど難癖をつけて受付嬢を襲ったことが過去に何度かあったのだ。今でもたまにある。なので防犯対策のために受付嬢の名前はある程度認められないと教えられないことになっている。それはギルドにも認められた証でもある。それも嬉しいけど、何より彼女の名前を知れたことが一番の喜びだ。

「それでは今度のクエストなんですけどー」
彼女は僕の心の隙を見通したかのように次のクエストを持ちかけてくる。
こういう抜け目なさも彼女は持ち合わせている。受付嬢は冒険者にどれだけ仕事させたかで評価される。だからおだてるのがうまい。レンシャルももちろん同じだ。だからといって僕は失望したり幻滅したりはしない。

「任せてくれよ、レンシャル」
「頼もしいですねー、ではオーガの討伐でも…」
「それはちょっと…」
命が二つ無いと無理だな、と笑う。僕はオーガと戦うシミュレーションを何回かしているが、一人なら必ず負ける。二回殺される。今の僕ではどうしても乗り越えられない場面があるのだ。逆にそれを乗り越えれば可能性はあり、念願のイエロウに行けるかもしれないが、まだ目処はたっていない。

「冗談ですよ。クローシュさんにはまだまだ活躍してもらわないと」
「そう言ってもらえると助かるよ」
「ではまた」
「また数日後に来るよ」
よろしく、レンシャル。僕がそういうと「はいー」にへっと彼女は微笑む。あの酔ったような笑いかたが彼女の素顔なのだろう。

なんとなく後ろ髪を引かれる思いで、ギルドを後にする。今日は豪華に飲もうかな。引きこもってばかりのヤルネイのやつでも誘おう。

ブロックチェーンエンジニアになるには

どうすればいいのか分からず一年が経った。

しかし木下ことジョナサン・アンダーウッド率いるFLOCという組織が、ブロックチェーンエンジニア養成プログラムを始めたとのこと。

それを今日受けに行く。無料講座ね。わくわくしています。

結構この講座も当初からリスケにリスケを重ねてやっといけることになったので、嬉しい。

実際に目指すかどうかは別にして、単純に興味がある。受けてきたらざっくりレポート感想書きますので。

アスパラガスは夜の沈黙(短編小説)

たくさんさける。いやなことから裂ける。いやなことを避ける。いやなことだって咲ける。
激しく芽が出る。

人間の元に突如として現れた緑色の細長い植物。それは人をストレスから解放した。それを握って「turn(曲がれ、さけろ、回せ、ひねろ、切り替えろ、といった方向の転換)」と願うと、それは分裂し、二つになった。新しくできたそれには人の嫌な気持ちが詰まっていた。それは回収装置によって拾われ、どこかに飛んで行く。
私たちに潜む夜は消えた。私たちにもたらされたのは明るい光だった。私たちはそれをアスパラとか、アスパラガスと呼んだ。

アスパラガスは代表者を一人地球に寄越した。私たちは親しみを込めて彼を「陛下」と呼ぶ。

陛下はヒューマノイドインターフェースなので、人間の形をしている。普段は眠っている。47日に一度目を覚まし、人に指標を示してくれる。

分体は回収され、木星に運び込まれる。そこでストレスを取り出され、脱け殻はかさかさと動き回る生物になる。脱け殻はあらゆる虚構が餌。虚構はストレスの元。アスパラガス星には脱け殻がたくさんあるのでストレスがない。必要以上の脱け殻は木星に投棄されていた。ストレスは何万光年も先にあるアスパラガス星に運ばれ、丁寧に加工されてアスパラガス星人の嗜好品として摂取される。アスパラガス星人は脱け殻のおかげでストレスを感じない。常に穏やかで争いもせず、漂うように暮らしている。


ある日「陛下」が私を呼び出した。
陛下は私に木星に行くように行った。木星に行けば人類の繁栄が約束されるらしい。宇宙船が準備され、私はそこに何人かの搭乗員と共に乗り込む。

木星には脱け殻がたくさんいた。脱け殻は虚構を食べるので、嘘つきたちを愛した。搭乗員はみんな嘘つきばかりだったので、脱け殻に愛着を感じ、地球に戻りたくなくなった。私は宇宙船に乗り込み、地球に戻ろうとするが、アスパラガス星にワープしてしまう。


アスパラガス星で私は重要人物として迎えられた。私のストレスは全て吸い付くされ、私はアスパラガス星人のようになった。彼らとの違いは、一つだけ。アスパラガス星人は夜を認識できなかった。彼らは暗闇を感じたことがない。彼らの星の回りは常に光輝く星が回っていたので、夜が訪れなかった。また、精神的にストレスを感じないため、暗い感情も起こらなかった。
私はその生活に嫌気が差し、宇宙船でアスパラガス星から逃げようとする。しかし、アスパラガス星人は宇宙船で追いかけてくる。仕方なく私は宇宙船の防衛装置でアスパラガス星人を攻撃した。アスパラガス星人は他者を「攻撃する」という概念を持っていなかった。始めてその概念に触れたアスパラガス星人は、種族間で攻撃しあい、破滅した。


私は冥王星に不時着した。そこには陛下がいた。陛下は「地球から夜が消えてしまったので、こっちに引っ越してきた」と言った。また、「実のところを言うとね、私はアスパラガス星人が嫌いだったんだよ」と言った。
陛下は夜がほとんどの冥王星で暮らすらしい。私は陛下と別れ地球に赴く。地球では何万年もの時が流れていて、人々は沈黙していた。幸福そうに目を閉じ眠っていた。ストレスがなくなったからだ。
私はなにもすることがないので、この大量に余ったアスパラガスをソテーして食べることにした。

つけ麺inきころく@成増

腰の治療のため本日は早退。

その帰りに成増に復活した「べんてん」に行こうとしたが夏期休暇で入れず。第二候補だった「道頓堀」は定休日。ということで消去法でこちら。

名前は知っていたがあまり期待していなかった。一応イチオシのつけ麺チャーシュートッピングを注文。↓
f:id:aruemeria1048:20180816141910j:plain

うっま。

なにこれおいしい。

魚豚ベースのスープはかなりどろどろしており濃厚民族感涙もの。野方の「無極」を思い出した。今はなき大塚の「みかん(漢字出ない)」に似ている。肉片やら魚粉やらがスープに半固形の状態で浮いている。これはうまい。

麺は無骨なストレート太麺でもっちりしている。スープによく合う。

またトッピングしたチャーシューが絶品だった。これはコンフィにしてあるようで、しっとりさの中に豚の旨味がぎゅっと濃縮されている。夢中で食べた。

スープ割りして思わずKK。どろどろしていたので完食完飲してしまった…。うまかった。

店員さんも愛想がよく気持ちよい接客だった。後で調べてみると毎月味たまクーポンをTwitterで発行しているようだ。サービスの良いお店。また来よう。

塩チャーシュー麺in桑ばら@池袋

塩。それはソルトでありサラリー。

我々の生活と生命活動に必須の白い結晶。

最も力強いラーメンとはいったい何味なのか。

それは豚骨でも背油チャッチャでも二郎でもない。

塩。

それなのだ。

完成された塩ラーメンはどんなラーメンよりもワイルドで凶暴で、味わうものを引き込む複雑さを持っている。

そんなポテンシャルをもつ店は少ない。しかしそのうちの一つにこの前行けた。

f:id:aruemeria1048:20180814223915j:plain

うーん、素晴らしい。
この繊細さとワイルドさという矛盾を唯一許すのが塩ラーメンだろう。

こちらの塩ラーメンは塩を客が後から溶かすのだ。出汁のみでもうまい。このままでもいける。しかし塩を溶かすと、こちらが溶かされた心地になる。

麺は細麺でしなやか。なのにこの力強さはなんだ。

それは塩。

余計なものはいらない。塩さえあればいい。

そんなラーメン。

つけ麺inラーメン二郎川越店@川越

実家暮らしのアリエッティなので父親とたまにラーメンを食べに行く。

父は還暦を迎えているがなかなかよく食う。二郎も最近知ったのに折々で食べる。
その父が地元の川越二郎がつけ麺を始めたので食べたいと駄々をこねたので行くことに。ワシもきょうみあるし。

30分程ならび着丼
f:id:aruemeria1048:20180812165216j:plain
小豚つけ麺+ラー油(ニンニクアブラ)

うーん!おいしげ!
たまらず肉にかぶりつくと調味料だけではない豚の甘さが広がる…。こりゃうまい。野菜はシャキシャキ。

f:id:aruemeria1048:20180812165816j:plain

麺はスープに使っていないので白さが目立つ。なまっちょろく見えるが凶暴なメーン。

そしてスープだが…。思った以上にライトだった。拍子抜けだ。まあ重たくなくていいんだが、なんか釈然としない…。

麺スープ麺スープと食べていると、麺の粉っぽさが目立つようになった。加水率低いからかなぁ。ちょつらい。

頑張って完食。黒ウーロンと油の少なさに助けられた。ここはつけ麺はまあまあだなあ。美味しいけど。それなら汁無しかラーメンのがうまいと思う。

父が必死の形相で食らっていた。
後で話を聞くと、間違えて小豚つけ麺を頼んでしまったらしい。とっさに野菜少な目にしたというファインプレー。結局少し残したとのこと。まあ仕方ないわな。

元祖札幌や@有楽町

8月10日の話

この日はめちゃくちゃいそがしく、十五時に昼飯を食うことに。昼飯とは(哲学)

近くで空いている店がない…そして疲れた身体にはラーメンということでこちらの店に。f:id:aruemeria1048:20180812164327j:plain

チャーシュー麺(白味噌)

この元祖札幌やというお店、有楽町で働くようになりはじめて知った。最初は「またおまチェーン店か…」と思っていたが、なかなかうまい。
味噌スープから漂う豚骨獣臭がたまらなくいい。これ嫌いな人は無理だろうな。でも私は好き。

チャーシューも昔ながらのやつで脂身と赤身のバランスがいいもの。脂身たっぷりもいいけど、個人的にはこっちのが好き。

五臓六腑に染み渡る味噌を感じながら完食。またこなければ。

結局そのあとも忙しく、22時ちかくまで残業したとさ。やれやれ。